【スポーツ】春高バレー!九州勢が暴れまわった2014年大会。とらたろう的ベストマッチは・・・


とらたろうです!

激闘の春高バレー、とらたろう的ベストマッチは!


強豪校同士の決勝戦が話題を呼んだ春の高校バレーボール大会

とらたろうも決勝戦の模様をテレビで観戦していたんですが、とにかく素晴らしいものでした。

実はとらたろう、バレーボール経験したことがあるので、春高と聞いてテンション上がるというものです。

ちなみに優勝したのは女子が九州文化、男子が星城。

男女ともに言えることですが、やっぱり九州勢がものすごく強いですね。

女子なんて、決勝がどちらも九州勢の九州文化と東九州龍谷でした。

 

どの試合も盛り上がりましたが、そんな中でいくつかの名ゲームをピックアップしてみました!

やはり個人的な盛り上がりを感じたのは、男子の東福岡と大村工業との準々決勝

ちなみに東福岡は福岡、大村工業は長崎でどちらも九州勢ですね。

しかもこの2チーム、普段から九州の競合として互いに練習試合などを繰り返してきた相手。

いわゆるライバルというやつですね。それだけに試合は白熱しました。


とはいえ、やっぱり東福岡の底力は圧巻でした。

なんといってもスパイカーの攻撃力が尋常ではないほど高い!

大村工のセッターは明らかに全国トップクラスでしたが、それを払いのけるほどの攻撃力でした。

それにしても、男子のバレーは本当に勢いがありますよね。


そして女子はやっぱり決勝戦の九州学園と東九州龍谷。

序盤から終盤まで絡み合う大接戦で、東九州龍谷の実力も九州学園とまったく差がありませんでした。

ラリーは続く、マッチポイントが続く、そして試合は終わらない・・・

結局5セット目でマッチポイントから長く試合が動かないという状況に陥り、最終的には一瞬のスキをついた九州学園が勝利を収めました。

とにかく素晴らしい試合ばかりだった2014年の春高バレー。

今後のバレーボール、東京オリンピックに期待ができそうですね!


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ