【タレント】やしきたかじんが逝去。キレのある毒舌と情感あふれる音楽性を併せ持った稀代のエンターテイナー


とらたろうです!

大阪の伝説的エンターテイナー、やしきたかじんが逝去。


大阪で絶大な人気を誇っていた歌手にしてタレントのやしきたかじんが、1月3日に亡くなりました。

やしきたかじんといえば、歯に衣着せぬ発言と行動が知られていますよね。

とにかく破天荒なエピソードがいくつも残っているわけですが、それでもそのストレートな性格は大阪人に愛されてきました。

大阪出身の司会者だと宮根誠司がいますが、その人気ぶりは別格と言ってもいいでしょう。


たかじんはだいぶん前から食道がんでTV番組への出演をしなくなっていました。

冠番組の「そこまで言って委員会」や「No マネー」なんかでも、いまは別の司会者によって進行。

けしてそれらが面白くないわけではなく、変わらずドストレートなものいいが大阪番組だなあという感じですが、やはりたかじんがいないことでキレは落ち気味ですよね。

ちなみに東京ではこういったたかじんの冠番組は放送されていないんだとか。

東京以外全国放送と言われているゆえんです。

ちなみにウソツキは東京じゃないので問題なく視聴できまています。


実は知らなかったことなんですが、たかじんはもともシンガーソングライター。

テレビで切れ味鋭い毒舌を振りまくその姿とは対照的に、落ち着いた蕩けるような歌詞とメロディ、そして歌声・・・

毒舌タレントのイメージが強かったので、この歌声には衝撃を受けました・・・

ちなみに代表曲は「東京」「やっぱ好きやねん」など。


ちあんみにたかじんは亡くなる直前に32歳も年下の女性と3度目の結婚をしています。

遺産相続の問題でごたごたするのかなあとも感じてしまいますが、いまのところそういった問題は起こっていないようですね。

享年64歳。

稀代のエンターテイナーのご冥福をお祈りします。


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ