【ライフ】洋食?和食?日本の家庭で愛される定番料理オムライスやカレーライスの秘密


とらたろうです!

洋食なのか和食なのか・・・

日本で愛されるオムライスやカレーライスの秘密とは?


みなさんもおそらく誰もが食べたことがあるでしょう。

日本の家庭やレストランで長きにわたり愛され続けている定番料理、オムライスとカレーライス

カレーライスはスパイスの効いた絡みが魅力。

オムライスはふわっとろに仕上げた卵とライスの相性が抜群の一品ですよね。

そんなオムライスとカレーライスには、とある秘密があるのです。


そもそも、オムライスは日本発祥の洋食

カレーライスもまた日本で発展を遂げ、いまやガラパゴス化している料理です。

イメージ的にカレーライスはインドから、オムライスは欧州から伝来したもののように感じますよね。

カレーについてはたしかにインドのものがベースでさらにイギリスで生み出されたもの。

オムライスについては日本オリジナルのものだとされています。


カレー=ライス、しかもそのルーがライスに合うように改良されていったのは日本人の努力によるものでした。

日本がはじめてカレーライスを知ったのは明治5年のこと。

その後高級料理としてしばらくは一世を風靡していましたが、やがて西洋野菜が日本国内に普及するようになり、さらには即席のカレー粉が登場したことで環境が一変!

一気に大衆食堂・家庭の定番料理へと発展を遂げていきました。

ちなみに日本最大のカレーチェーンCOCO壱番屋は世界的にも類を見ない人気カレーチェーンなんだとか。

カレーはいまでは日本の国民食のひとつと言えるほどになっているのです。


オムライスは明治33ねんごろに食堂の賄い食として登場したのが最初だと言われています。

その後、それを一般で販売したところ大人気に。

数々の食堂や家庭がこのオムライスを作っていますが、見た目のイメージはほぼ共通しています。

ですが、登場当時のオムライスはいまのものとかなり印象が違ったようですね。

とはいえ、手軽に作れる和製洋食として、カレーもオムライスもこれからの日本家庭でも愛され続けること間違いなしです!


あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ