【ガジェット】新しい広告のカタチ・・・?マウスオーバー型の広告はかえって逆効果だということが判明!


とらたろうです!

新しい広告のカタチ・・・?

マウスオーバー型の広告は本当に効果があるのか!?

マウスオーバー4

インターネットをしていて、様々な広告を目にすることがありますよね。

いずれも企業や広告代理店などによって展開されているマーケティングの一環として確立されており、いまではそういった広告掲載料を業務の主軸にしていることもあります。

実際、バナー型の広告などは興味を持つとクリックすることもありますし、多くの人に見てもらえるという点では非常にメリットがあると言えるでしょう。

マウスオーバーⅢ

そんなインターネット上の広告について、新しいタイプのものが登場しているのをご存知でしょうか。

マウスを祖の広告の上に載せるだけで、画面いっぱいに拡大されて表示されるタイプ。

いわゆる「マウスオーバー」の広告です。

新しい広告のカタチとして広告代理店は非常にこれをプッシュしているようですが、実際のところこのタイプの広告に対する評価がとても悪い!

もともと広告自体うざいという方も多いですが、これは以前にもましてうざがられているようです。

マウスオーバー2

やはり最大の要因は、別に見たくもない広告がマウスオーバーするだけで勝手に拡大し、見ているサイトの閲覧を邪魔してくるということ。

スマホ向けのアダルト広告なども邪魔だなと思う方が多いですが、それと似た感覚かもしれませんね。

快適な閲覧を邪魔するというのは、それだけでイラッとしてしまうものです。

マウスオーバー1

このマウスオーバー広告に関しては確かに目立ちはしますが、「邪魔」「うざい」などの理由でかえって逆効果になっていることが多いようでもあります。

しかも、だいたいそういった広告の内容はまったく覚えておらず、ただひたすらその広告元を嫌いになるという悪循環

知名度を上げるという意味で効果的かと思いましたが、イメージダウンするのでは問題がありますよね。

広告については、今後さらに重要なネットビジネスになってくるところ。

どのようにユーザーから評価を得るか、考えていく必要がありそうです。


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ