【映画】ハリウッド怪獣映画「パシフィックリム」が日本人に受けた理由とは?


とらたろうです!

ハリウッドの怪獣映画「パシフィックリム」が日本人に受けた理由とは!?

パシフィックリム1

去年の映画シーンの中でも、特に高い評価を受けた作品といえば「パシフィックリム」です。

みなさんはもうご覧になりましたか?

すでにBlu⁻ray&DVDとしてレンタルもされているので、ぜひご覧になってください。

特に男性はきっと猛烈に熱くなることでしょう!

とらたろうも最近視聴して非常に楽しむことができました。

パシフィックリム2

本作は日本において高く評価された作品としても知られています。

もちろん日本の怪獣映画をリスペクトして作られた怪獣映画だから当然なのかもしれませんが、その意味で失敗した「CODZILA」とは比較にならないほどの成功と言えます。

なぜ、本作がそこまで日本人に受け入れられたのでしょうか。

怪獣映画というだけでB級な印象がでてしまいますが、まったくそんなことはありませんでしたしね!

パシフィックリム3

最大の理由としては、日本人受けするストーリー展開だったということでしょう。

圧倒的な力を誇る怪獣を前に、なすすべがない人類。

中盤までは、人類側の様々な努力も怪獣たちによってあっさり蹂躙されていきます。

ですが、中盤以降は主人公たちの活躍で怪獣たちと見事な戦いを演じていくのです。

この感じ、なんだかかつての怪獣映画「ゴジラvsメカゴジラ平成版」を思い起こさせますよね。

戦いに関しても、なんだかウルトラマンのような「とっておきは後で出す」という演出が素敵です。

パシフィックリム4

実際いろいろとツッコミどころはありますが、そんなものが一切気にならないほどに豪快な作品。

これぞまさに「怪獣映画」です。

洋画にあるような「パニック映画」とは一線を画したこの作品作りが、ハリウッドでここまで実現したことに驚きと喜びを禁じ得ません。

メカニックも素晴らしく、そのあたりも魅力のひとつ。

ぜひ未見の方はチェックしてみてくださいね!


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ