【ライフ】コンビニ弁当にヤバイものが入ってる!?ヘルシー、無添加でも安心できない理由とは?


 

トラタロウです。

 

コンビニ弁当ヤバイものが入ってる!?

ヘルシー、無添加でも安心できない理由とは?

 

Baidu IME_2014-9-20_11-13-23

 

日本のコンビニ弁当は、種類が豊富だよね!

コンビニに行って、お昼を買うとき、

何にしようか迷って中々決まらないってことは無い?

 

本当に、どれも美味しそうなんだよね!!

 

ご飯とおかずのある、昔ながらのお弁当から、

パスタや蕎麦なども麺類も豊富で、

スープやサラダも種類が様々あるよね。

 

Baidu IME_2014-9-20_11-12-48 Baidu IME_2014-9-20_11-12-21

 

素晴らしい!

留学生も驚く日本のコンビニ弁当!

でも、実はカラダに悪い、ヤバイものが入っていると話題になっているんだ・・・。

 

 

ヤバイものって?

 

お弁当に入ってる揚げ物は、

過酸化脂質という体に悪いものが多く含んでいるかもしれない!

 

効率よく冷凍の食品を揚るには、

高温で揚げるんだって。

 

高温で上げると、油が酸化しやすくなって過酸化脂質が発生するという仕組み。

 

ってことは、

レジの横にある美味しいお惣菜も過酸化脂質の塊!? 😯

Baidu IME_2014-9-20_11-14-22 Baidu IME_2014-9-20_11-14-37

(そんなこと言われても、トラタロウは食べますよ・・・食べたいんです・・・好きだから!)

 

さらに、油の劣化の進行を防ぐために

ショートニングを加えるんだって。

ショートニングは、トランス脂肪酸という有害な物質を沢山含んでいるよ。

 

過酸化脂質+トランス脂肪酸 を毎日摂取してたら

いつか体は病気に侵されてしまうに決まってる!

 

うわー。知らなかったな・・・。

怖いね。

 

 

無添加、ヘルシー表示でも要注意!?

無添加と表記してある商品も、最近はよく見かけるよね。

だけど、その無添加っていうのは

着色料や保存料を使っていないということであって、

それに変わる添加物を、もちろん使用しているんだ。

 

そうじゃないと、日持ちしないもんね。

日持ちしない商品を作ってたら、逆に地球にも売上的にも悪いし。

 

 

ヘルシーと表記されてても安心できないのは、

この前にも飲料水の記事で話したように、

基準が決められていないから、少しヘルシーになっただけでも「ヘルシー」と表記できるんだ。

だから、ヘルシーという表記だけでなく

本当にヘルシーなのか、

カロリーや材料を確認しておくと良いよね。

 

 

コンビニ弁当は食べちゃダメなの!?

 

Baidu IME_2014-9-20_11-11-36 Baidu IME_2014-9-20_11-11-46

 

トラタロウは、そうは思わない!

たしかに添加物は入ってるけど、使用料はきちんと基準があって

健康の被害がないように考えられて製造されていると思ったよ。

 

きちんと基準を守ってくれているのかは、

その会社の人にしかわからないけどね・・・。

 

保存料のなかった昔は、

食中毒で何千人もの人が亡くなっていたそうだよ。

だから、この点に関してはいい傾向になったと思うんだけど・・・。

 

実際に健康被害に遭っていないから

こんなことが言えるのかもしれないねー。

 

最近、中国の工場で腐ったお肉とか、

落ちた肉を出荷していて大問題になっていたよね。

 

その工場の人が「死にやしないよ」と言っていたけど

実際に死んだ人はいなかったから

人間の体は凄いなーと思ったよ。

 

心配の人は、何から何まで調べるか

何から何まで自給自足にすれば安心!

 

 

この問題は、地球に住んでいる以上、解決しないんじゃない?

と、諦め気味のトラタロウです・・・・・

 

 



 


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ