【海外】ALS氷水バケツチャレンジ発案者のひとりが亡くなった!?氷水かぶりには賛否両論、トラタロウも物申す!


 

 

トラタロウです。

 

ALS氷水バケツチャレンジ発案者のひとりが亡くなった!?

氷水なんてかぶって本当に大丈夫なの?

 

Baidu IME_2014-8-23_21-35-46

 

 

ALS(筋萎縮性側索硬化症)の患者支援のために始まった、

「氷水バケツチャレンジ」

 

テレビでもここずっと取り上げられていたから、

見たことのある人もいるんじゃないかな?

 

ALSという難病の支援のため

氷水を浴びるチャレンジなんだけど、

 

そのチャレンジの発案者の1人であるコーリー・グリフィンさん27歳が

8月16日に亡くなったそうだよ。

コーリー・グリフィンさんの死因は、

マサチューセッツ州ナンタケット島の海岸で飛び込みをしたところ

溺れてしまったそう。

この日は、義援金が10万ドルに達したんだって。

 

ALS患者の友人のために一緒に、このキャンペーンを発案したのに・・・。

 

命を大切にしないといけないって特に感じている人のはずなのに

なんてことだろう。

 

ちょっと驚きだなー。

 

ご冥福をお祈りします。

 

 

ALS(筋萎縮性側索硬化症)とは?

 

筋肉を動かす命令を出す(脳、末梢神経)があるんだけど

その命令を伝えるところ(運動ニューロン)がむしばまれる難病だよ。

思うように体が動かなくなったり、喋りにくくなるんだ。

 

 

ちなみに、日本ではおよそ8,300人いると考えられているんだって。

 

 

そうだ、三浦春馬くんや多部未華子ちゃんが出演していたドラマ「僕のいた時間」では、

三浦春馬さんが演じる主人公が、ALSだったよね。

 



 

 

トラタロウも、このドラマを見ていて、

出来たことが出来なくなっていくなんて、辛いだろうなと思ったけど

病気になったことをキッカケに、家族との絆も取り戻せたし

前よりも、もっとイキイキとしている姿が印象的だった!

 

強いなー。すごいなー。

 

 

氷水バケツチャレンジ、なんで氷水!?

氷水(アイスバケツ)キャンペーン、

別にただの水でも、お茶でも、ジュースでも良かったんじゃないかな?

 

正式名称ALSアイスバケツチャレンジは、

ALS患者のアメリカ人ピート・フレーツさんと、その家族

亡くなってしまったコーリー・グリフィンさんなどの友人発案者なんだけど

氷水かぶりには特別な意味は無いそうだよ。

 

ちょっと遊び感覚であれば、この支援の輪が広がると考えたんだろうね!

 

そういえばアメリカではお祝いに氷水をかぶることがあるんだって。

それも関係しているのかな?

 

 

ALSアイスバケツチャレンジのルール

 
  • 指名されたら24時間以内に、100ドルを寄付か氷水をかぶる
 
  • チャレンジしたら、次に3名のチャレンジャーを指名する
 
  • 参加は強制ではない
 

氷水と寄付、両方やっている人がほとんどみたいだよ。

 

 

アイスバケツチャレンジは賛否両論

 

海外ではブッシュ前大統領とか、

レディー・ガガとかジャズティンビーバー、

タイガーウッズ、ベッカムなど

 

Baidu IME_2014-8-23_21-22-43 Baidu IME_2014-8-23_21-23-24

 

 

日本人でも浜崎あゆみさんや山中教授、

AKBや秋元康さんなどなど。

 



 

Baidu IME_2014-8-23_21-24-46

 

トラタロウはTwitterで

韓国の芸能界でも流行っているっていうのを見たよ。

Baidu IME_2014-8-23_21-27-4

 

 

だけど、これには賛否両論あるんだ。

 

このような意見を、トラタロウは見たよ!

 
  • 24時間以内に遂行というルールが不幸の手紙のようだ
  • 難病はALS以外にもある
  • ただパフォーマンスを楽しんでるだけで病気のことなんて何も考えていないんじゃないか
  • 氷水なんてかぶったら体に悪いんじゃないの?
  • 流行ってるからやってるだけでしょ
 

 

ちなみに韓国でも、同じように議論になっていて

芸能人たちはSNSでチャレンジした写真を載せて

競い合っているという意見もあるよ。

 

 

日本では、やくみつるさん武井壮さんなどは

このチャレンジを辞退しているんだよね。

 

 

トラタロウも、もし芸能人・・・いやいや芸能動物で指名されても

絶対やらない。

 

やるなら黙ってお金を寄付する方法を選ぶかな。

身近にALS患者の人がいたなら氷水も寄付もしたと思うけどね。

 

本当に病気のことと向き合って「やろう!」と決めてやった人は

どれくらいいるんだろう?

 

大江千里さんがブログで、このことに触れているけど

トラタロウもまったく同感!!!!!!!

 

憧れの海外セレブがやってるから

やろうと思ってやってる人もいると思うんだよね。

それに、注目されるし印象アップの可能性だし?

 

 

この時期になると、「24時間テレビが黒すぎる」って話題になるけど

これも似たようなものだよね。

 

うーん。

一時の感情だけで、こんなことするなら

絶対やめてほしい。

 

 

日本人ならALSの支援もやるなら広島の土砂災害の支援をするべきでは?

 

 

ちゃんとALSについて理解してやってるのかな?

1年後には忘れてるんじゃないの?

やったからには、これから先も支援するくらいの覚悟はあるよね?

 

亡くなったコーリー・グリフィンさんを始め、

発案者やALSの患者さんたちの想いを考えてチャレンジしてほしいね。

 

みんなはどう思う?

 

 


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ