【イベント】節分!豆まき、恵方巻とやること目白押し・・・でも節分って本当は3日じゃない!?


とらたろうです!

本日は節分・・・でも、本当の節分は2月3日ではない!?

節分1

今年もやってきたこの日。そう、節分です。

節分と聞いて連想するのは、なんといっても「豆まき」と「恵方巻」でしょう。

豆をまいて鬼=病気や不幸などを追い払て幸を招き入れる、というのが一般的なイメージ。

かくいうとらたろうもまた、そんなふうに思っていたひとりです。

節分2

ところが、こんな節分が実は本来、この3日であるというのは誤りだというのです。

そもそも節分とは、季節を分けるという意味が大きな由来。

このことから、もともと明確な日付がなされていたわけではなく、各季節の始まる前日のことを指していたのです。

ということは、冬の2月だけではなく、夏や秋などの前にも節分はやってくるということですね。

しかも、かつては2月の節分も3日ではなく、うるう年のみにやってくる2月4日だったとか。

ちなみに現在の暦では本来2月2日が正しいようで、3日というのは実は正確ではないというから驚きです。

節分3

豆まきについては古くからおこなわれている伝統行事。

基本的に穀物には邪気を払う力があるとされていますから、その力を持って鬼を払い、1年を健康に生きていこうというわけですね。

年齢に即したぶんのまめを食べるという習慣もまた、邪気払いの意味合いが深いようです。

子供のころに豆まきをするのは楽しくて仕方ありませんでしたが、親からすると散々節分4

ところで、いまや全国区となっている恵方巻

これは実のところ大阪地域が発祥だということをご存知でしょうか?

大阪近辺で親しまれていたそれを、全国商戦用に拡大していったがゆえのビジネスモデルが恵方巻なのです。

節分=豆まきは正しい認識でありつつ、節分=恵方巻というのは実は正しくないんですね。

これもまた、驚きの真実です。


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ