【アニメ】新作アニメ「鬼灯の冷徹」の作り込みがすごすぎると話題に。エンディングも衝撃!


とらたろうです!

新作アニメ「鬼灯の冷徹」の作り込みがすごすぎると話題に!

鬼灯1

先日も記事にしましたが、2014年1月アニメはなかなかの豊作です。

とりあえず「ニセコイ」「生徒会役員共」をチェックしていますが、前々から期待していた今季最大の個人的注目アニメ「鬼灯の冷徹」もまた素晴らしい!

ネット上でもその作り込みや演出に高い評価が集まっているようです。

ファンとしては嬉しい限りですね。

鬼灯2

とりあえず衝撃的だったのは、ナレーションにあの稲川淳二を起用していたこと。

アニメを見ていて、オープニングから「あれ?このナレーションどっかで聞いたことあるな」と思っていたら、まさかまさかの稲川節でした。

これに驚いたというファンも多いのではないでしょうか。

まあ、地獄を舞台にしているアニメだけに、稲川淳二の独特な抑揚はマッチしているといったところでしょう。

鬼灯3

作品本編も細かいところまで丁寧に作られていました。

まあ1話だから当然と言えば当然なんですが、原作を忠実に再現しつつも、それぞれにキャラの個性に合わせたワンポイント追加がなされています。

鬼灯のちょっとした舌打ちやセリフ回しなんかもイメージどおりで素晴らしいですね!

声優陣には、いわゆる大御所はあまりいませんが、ベテランの名脇役声優たちがそろい踏みでとにかくクオリティが高いです。

鬼灯4

そして極めつけはマスコットキャラ(?)の金魚草。

ここだけ微妙にCG描画されていてそこはかとなくキモいです。

そのうえ鳴き声もちょっとぞくっとする系のキモさ。個人的にはもっとキモくてもよかったですが!

エンディングも某電化製品ブランドの有名なCMをモチーフにしたものがあり、衝撃的でした。

いろいろとパロディモチーフも多いですが、原作ではパロネタはどんどん減ってオリジナルネタに移行していくので、そのあたりも注目していきたいところですね!


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ